看護師転職 残業10時間以下の職場への転職を【ナース人材バンク】専任のキャリアパートナーがサポート!

注目

今の職場は忙しすぎて自分の時間が取れない。

残業を拒否するわけではないが、月10時間くらいの残業ならば自分の時間が取れて、好きなことができると考えのあなた。

ナース人材バンクなら安心して転職活動ができますよ。

専任のキャリアパートナーがしっかりサポートしてくれますので、あなたは今の仕事を続けながら転職ができます。

キャリアパートナーにはちょっと我儘かなと思えるような要望も出してみてください。親身になって対応してくれます。

キャリアパートナーがあなたの希望する求人を探し出してくれますよ。

今の忙しすぎる人生から、ゆとりがある人生へ人生の大きな転換です。

ゆとりの中で、自分の好きな事に専念したり、自己啓発に努めるのも良いですね。

ナース人材バンクで人生を変えましょう!

 

ナース人材バンクはただの求人サイトだと思ったら大間違いです。

年間10万人も利用する人気の看護師転職サイトなのです。

また、利用者満足度は97%という高い数字を誇っています。

 

人気の秘密には3つのNo.1があります。

  • 紹介実績No.1(2009年自社調べ)

医療業界では数少ない上場企業!プライバシーマークも取得済み。

  • 全国の拠点数No.1 (2011年自社調べ)

北海道から九州まで14拠点!全国どこでもサポート!!

  • コンサルタント数No.1(2011年自社調べ)

専任のコンサルタントであるキャリアパートナーがしっかりサポートします。

 

まずはナース人材バンクに登録されることをお勧めします。

br>

1.非公開求人が豊富で質が高い

非公開求人とは字の通りで、サイト上で公開していない求人のことです。公開しない理由はさまざまです。

共通している理由としては、就職条件が良いのです。

その為に公開すると応募が殺到する恐れがあるわけです。

このようにナース人材バンク非公開求人には、今まで見たことがないような好条件の看護師求人が眠っている可能性があります。

2.コンサルタントであるキャリアパートナーが求人を探してくれる

キャリアパートナーは医療業界にも精通していますし、案件も豊富にありますから、あなたの希望の職場を紹介してくれます。

3.履歴書の書き方や面接指導をしてくれる

この履歴書は大事な就活の武器です。採用担当者が最初に目にするのがこの履歴書です。

履歴書で好印象を与えるかどうかで次のステップが有利になることは間違いありません。

4.悩みや不安をその都度相談できる

一人だと不安ですよね。ましてや仕事をしているのですから、会社の人に相談するわけにもいきません。

こんな時、コンサルタントであるあなたの専任のキャリアパートナーが大きな支えになってくれるのです。

もし、このキャリアパートナーが自分に合わないと思ったら、交代してもらうことも可能です。

5.面接時に同行してくれる

普通の就職面接に本人以外の人が立ち会うことはあり得ません。しかし、ナース人材バンクの場合は、病院側から求人の依頼が来ており、その依頼に応じて人材を紹介するわけですから、キャリアパートナーの同席も可能です。但し、病院によったら本人とだけ話したいという事もあります。

6.採用後のアフターフォローも充実

採用後もあなたの相談に乗ってくれます。

 

ナース人材バンクに登録して、希望の職場への転職を成功させましょう!

●なぜ完全無料なのですか?後から費用請求はないですよね!

転職支援サイトは、求人元である病院、クリニックからの手数料で運営されていますので、このサイトに登録された方は、一切の料金は発生しません。

●ある病院で働いていますが、この状況で登録しても大丈夫ですか?

大丈夫です。

ナース人材バンクには多くの看護師が在職中に登録しています。

また、在職中の忙しい時は、専任のコンサルタントに新しい職場を探してもらうことも可能です。

●ハローワークではダメなのですか?

ハローワークにも良い求人がありますが、公開されていますので、競争率が高くなります。

好条件の求人ほど非公開の場合が多いのです。

なぜなら、好条件を公開したら応募が殺到するでしょう。

ですから、病院サイドで非公開にしてしまうのです。

この非公開の求人を紹介してもらうためには、ナース人材バンクへの登録が必要なのです。

●上記のナース人材バンクに登録したら、どんなメリットがあるのですか?

1.非公開求人が豊富

2.コンサルタントが求人を探してくれる

3.履歴書も書き方や面接指導をしてくれる

4.悩みや不安をその都度相談できる

5.面接時に同行してくれる

6.採用後のアフターフォローも充実

7.ナース人材バンクの担当者であるコンサルタントは医療業界に精通している人ばかりなので、頼りになります。

●ナース人材バンクは一番人気と聞きましたがその理由は何ですか?

1.利用者満足度97%と高評価

2.年間10万人もの看護師さんが利用していて、紹介実績は業界ナンバー1

利用者が多いということは、その分求人数も多いという事です。

つまり、利用者一人一人に紹介できる求人がたくさんあるので、紹介された求人が気に入らなくても、次の求人をスピーディに紹介してもらえます。

ここで働きたいと思えるような求人に出会えるまで、コンサルタントと連絡を取りながらナース人材バンクを活用できます。

3.コンサルタントのサポートがしっかりしているので、仕事をしながら転職活動ができます。

本気で転職するなら、今の仕事を辞めて時間的にも精神的にも全力を出すべきと考えると思います。

これは昔の根性ドラマ的発想です。

もし、転職先が早い時期に見つからなかったら、収入源が途絶えてしまいます。

そうなると、かえって焦りが増長し、何処でも良いやと投げやりになってしまいます。

コンサルタントに希望条件を伝えておくだけで、その条件に沿った求人を紹介してくれます。

何にも自分で行動を起こす必要はありません。

収入源を確保しながら、スピーディな転職・・・これがナース人材バンクで実現します。

4.夜勤無しなどわがままな要求もOKです。

看護師の仕事がハードだと言われる理由に夜勤があります。

この夜勤があるせいで体調を崩してしまう人や、精神的なストレスが増える人もたくさんいらっしゃいます。

ナース人材バンクには夜勤無しの求人がたくさんあります。

どんな細かいことでも、しっかりコンサルタントに伝えてください。

コンサルタントもきちんと条件を教えてくれる人の方がコンサルタントとしても仕事が紹介しやすいのです。

5.非公開案件の質が高い。

なぜ非公開にしているのかというと、良い条件なので「応募の殺到が予想される」

「サイト上にアップする前に募集が終了する」という理由が多くなっています。

あまりに多くの応募が殺到したら、採用側の負担も大きくなってしまいます。

非公開にすることで、その求人に条件的に合致する方のみ求人をご紹介するので、採用側も負担減になります。

二番目のケースの関しましては、ナース人材バンクの登録者に優先的に紹介しますので、その結果サイト上にアップする前に募集が終了することが起こるのです。

6. 登録が簡単です。

このサイトにあるバーをクリックして下さい。

そうすると、ナース人材バンクのサイトにアクセスします。

「ご登録」と書いてあるタブをクリックすると登録フォームが出てきます。

登録は3ステップで終了です。初めての人でも簡単に登録できます。

その後、コンサルタントとの面談・相談を行い、その際にコンサルタントが希望条件に沿った求人を紹介してくれます。

また、ナース人材バンクは紹介だけでなく、面接の段取りや条件交渉といったことも行ってくれます。

まさにナース人材バンクは看護師転職をトータルでサポートするサイトです。

7. ナース人材バンクを運営している会社は、上場企業で優良企業の会社です。

個人情報の管理にも万全に対応してくれています。

安心して、登録し、求人を紹介してもらってください。

残業100時間の経験者に聞く

残業100時間は一般的に過労死ラインと言われています。
どんな状態に陥るのか、経験者から聞いてみました。
1. 寝れない、睡眠の質が悪くなる
残業して13時間もPCと向かい合っていると、頭がさえて眠れません、また、夜の追い込みの為に飲む栄養ドリンクはコーヒーなどのカフェインの為に、なかなか寝付くことが出来ません。眠れても眠りが浅く、翌日の朝だるさを感じつつ起きることになります。
2. せっかくの休日も楽しめない
毎日長時間労働を続け、体の疲労がピークになるのが休日です。体が疲れているので、家族や恋人、友人と過ごす時間も味気ないものになってしまいます。また、休日でも仕事のことを考えてしまい、目の前のことを純粋に楽しめないこともあります。

なぜ転職をして満足した看護師は転職サイトを利用しているのか?

あなたの要望を元に転職サイトの専任コンサルタントがあなたの就職・転職活動を最初から最後までフォローしてもらえるので、満足度の高い就職・転職をする事ができるのが特徴です。
あなたの希望条件にあった病院のご紹介
条件面についてを代わりに病院と交渉
履歴書や職務経歴書を添削
面接ロープレ対策
事前の病院見学
面接への動向
転職後のアフターフォロー
就職・転職活動における面倒事を全て専任のコンサルタントが代わりに行ってくれます。
あなたはただ希望をコンサルタントに伝えるだけ。それだけで取り扱いのある求人情報の中から、より好条件の求人情報を提案してもらえるのが特徴。
これなら安心ですね。

看護師の仕事

こんな記事がありましたので、紹介しておきます。
看護師の仕事は、傷病者や妊産婦の療養上の世話をしたり、診療 の補助を行うこと。“人を看る”という看護師独自の視点で観察や判断をし、患者さんの生命と生活を支えています。病院や診療所などの医療機関のほかに、訪問看護や福祉関連施設など、活躍の場はどんどん広がっています。今後もさらに高齢化が進むため、これからの医療を支えるためには看護師がさらに役割を発揮することが期待されています。

参考:日本看護協会の「やっぱり看護の仕事」より

なぜわざわざ求人を非公開にするの?

皆さんも気になりますよね。
1. 企業側の手間を省くため
全ての情報を公開すると良い所には応募が集中して、履歴書を全部チェックするだけでも大変な労力です。
2.転職サイト側の利益のため
  転職エージェントやサイトは応募者と企業を結びつけ、転職が成功したら報酬をもらいます。確実に転職が成功する為に応募者を絞り込んでいます。
3.企業側が求人を秘匿するため
新事業内容を知られたくないため。
4.重要なポストの人材を採用する為
重役とか部門の責任者を外部から誘致したい時は、オープン募集はしません。
      参考:転職TIMES

転職と専門コンサルタント

私が転職の時に大いに助かったのが、専任のコンサルタントと相談できたことです。特にその後の転職にも大いに役にたったのが、職務履歴書。この書き方から指導いただきまして、素晴らしい職務履歴書が出来上がったのです。
嘘は書いていませんよ。私が今までやってきた仕事を口頭で話をすると私が書いた職務履歴書の修正と追加をしてくれて、光り輝く履歴書に変身したのです。
文言の使い方、文章の並べ方、ただそれだけで訴求力が高まったのです。ただ驚くばかりでした。

転職の際の履歴書の書き方

役に立つ情報がありましたので、お伝えします。
履歴書の書き方です。
職務履歴書は自分のスキルをアピールできます。問題は、志望動機です。
「なぜ当社なの?」という採用担当者の問いに答えることができなければなりません。技術を習得できるという志望動機は、企業は学校でないと考える採用担当者もいます。
企業の情報はもちろん、求人情報から求められる能力を把握し、入社後の自分の活躍する姿をイメージしながら、採用担当者にアピールするようにしましょう。

転職に大事な要素

転職に限らず、人生そのものに関係していくかもしれませんが、人と違うものをもっていることですね。
私は、経理を長年やってきました。
最初の会社はITが遅く、決算は長い間、手作業でやっていました。これが、私に人と違うスキルを身につけさせてくれたのです。
今、どこでも決算は専用のソフトを使って作成していると思います。決算の流れを知らなくても誰でもできます。しかし、私はそのソフトが決算を仕上げる流れを手作業でやってきましたから、ソフトに不具合が起きたり、パソコンが動かなくなったりした時に、手作業でソフトの代わりができるのです。
これは、小さな会社に移った時に大いに役に立ちましたね。

転職して戸惑ったこと

私の場合、最初の勤務が30年近くあったためでしょうが、会社によってこんなに違うものかと驚かされたことがあります。それは会社の文化の違いです。
当然、仕事のやり方は異なるでしょう。しかし、従業員一人一人が持つ会社に対する想いは異なります。また、生活環境、学歴等々でその会社が醸し出す雰囲気が大きく異なるのです。
最初の会社は大阪にある不動産会社でした。最初に転職した会社は、岡山県の田舎町にある輸送袋を製作販売している会社でした。この会社は、非常にアットホーム的で居心地は悪くないのですが、会社としての緊迫感がないのです。
ここで働いている方は99%が地元の方です。実家は農業です。岡山は温暖な気候で、果物栽培が盛んです。皆さん裕福なのです。給料は安いです。しかし、家は親の土地の上に建てたとか、親と同居しているわけです。食べ物は自給自足です。
そこには、まったく違う文化があったのです。

転職

昔々と言っても10年いや30年前くらいかな、まだ生涯雇用の風潮が色濃く残っている時代に転職は悪とされていたような気がします。
しかし、今では転職は市民権を得まして誰も悪とは思わなくなっています。
むしろ転職を繰り返して、キャリアを充実させていくことの方が善しとされています。
そういう私も転職を繰り返しまして、今で5社目です。
最初の会社は約30年勤めましたが、外資に身売りした時に早期退職の制度を使って辞めました。その後運よく2か月後には新しい会社が見つかり、以後は辞めた翌日に新会社勤務という不思議な職歴を持つ男です。
勤めている会社が嫌になったのではなく、会社経営している後輩や先輩から声がかかり転々とした次第です。
そんなわけで私の転職の話は役に立ちそうもありませんね。
でも、転職についての話を続けていきたいと思います。